冬支度。



昨日から、ぐっと冷え込んで来た津軽。

高齢の両親のため、昨日は今季初めて
トイレの暖房を入れました。

脱臭機能もある自動ファンヒーターなので、
これまでよりはトイレの冬も快適かも。

冬に帰郷すると、
トイレのファンヒーターが一日中つけっぱなしで、
火災が心配だったのです。

あと脱衣所にもファンヒーターを設置して、
急激な温度差を避けるように。

お風呂の浴槽に滑り止めマットを敷いたり、
玄関に手すりをつけたり、
細々といろんな工夫をしているものの、
ありがたがられることもなく(爆)。

実家暮らしは、孤独と折れそうな心との闘いです。


高齢者は男性でも更年期症状が出るらしく、
ホルモンの関係で体温調整が狂うらしい。

気温が夏日の日でも寒いと言って、
暖房をがんがんにつけて室温30数度にし、
換気もまったくせずに閉じこもっているので、
何度も注意するも聞かず。

一日中、歩くことすらまったくせずに、
ただただ寝てばかりいるのだから、
体温が上がるはずもなく。

身体的な疾患がなくても、
無気力のせいで運動機能、体力は衰えていく一方。
心と体の関係は本当に密接だと実感。
「病」「気」とはよく言ったものです。




意欲こそ、活力の源ですよ、みなさん。

無欲では老後を楽しく乗り切れませんからね。
いまから、心しておきましょう。

とくに男性は、仕事以外に没頭できる趣味、
年をとっても続けられる趣味を持つべきです。
もしくは、家事に興味を持つべきです。

家の中には、小さな仕事がいっぱい。
それを家族任せにせず、自分ですればいいのです。

この冬から、毎朝の雪かきとゴミ出しもわたしの仕事。
寒さ対策、早くしないとねー。
by aomoringo50 | 2011-10-19 05:48 | 青森の四季