カテゴリ:仕事( 91 )





帰郷から丸2年。ようやく新しいことを始めました。

今日から配信してます。よろしくお願いします。

ウェブマガジン「自由時間」
http://aomori-jiyujikan.com/

by aomoringo50 | 2013-04-15 14:20 | 仕事




ブランク。
…というものを、生まれて初めて体感いたしました…(爆)。

しゃべってる途中で、息が切れる、ってどうなの〜。
会話を持続するだけで、過換気症候群状態。お〜い、ジブン(笑)。

話したいことが、たまりにたまっていたので炸裂状態でした…。
頭と、心の、パズルが、いろんな組み合わせをはじきだしてくるので、
あれもこれも伝えたくなってしまって、息も絶え絶え(苦笑)。

それを「情熱」と受け止めてくれたY嬢に1票♪
そして、心拍数アップの楽しい状況と言ってくださったAさんに1票♪

うんとうんと年下の、この方たちに支えられて、この先を頑張ります。
尊敬できる人、憧れる人って、必ずしも年上ではありませぬ。
年下の師匠たちの感性と知識のミックスは、年上のそれともまた違い…。

それを抽出、もしくは、表出させていただくための作業あれこれ。
刺激的で、魅力的だぜ、ベィビィ♡
やるべきことがありすぎて、めまいがしてます…。
by aomoringo50 | 2013-03-20 17:06 | 仕事





昨日、ITコーディネイターさんに、あれこれご相談にうかがった。

ふむふむ、なるほど、そういうことか。
うんうん、そうかそうか、そう考えればいいのか。
ほうほう、そっちから、そんなふうに攻める手もあったか。

大変に実りあるアドバイスをたくさんいただいて感謝感謝。

しかも、取材先のご提案まで、ひとつしていただいて、
「がんばって情報発信してくださいよ」と、励ましのお言葉まで。
「なにか聞きたいことがあれば、いつでもまた来てください」とも。

うれしかったなぁ。外はめっちゃ吹雪でしたが、心はほっこり。

ちなみに、相談無料。なんと、ありがたい♪
こういうしくみは大いに活用させていただいて、
専門知識をもった方の的確なアドバイスを活かしていくべき。

モヤモヤしたまま終わらなくてよかった!

とてもわかりやすくて、ポイントをきっちり押さえたお話だったので、
知りたかったことは、一通りわかったと思う。
これで、ようやく、安心して進められる。ヨカッタよかった〜。
by aomoringo50 | 2013-03-15 07:42 | 仕事



孤独な作業が長く続いているので、ちょっと閉塞感。

でも、とある方から、いただいたお言葉を胸に、
なんとか持ちこたえています(笑)。

もう始めているんでしょう。なら、いいじゃん。
そしたら、そのうち雑音は気にならなくなるから。

だから、大丈夫。

自ら実践し、マイペースを貫きつつも、熱い。
そんな方の言葉だから説得力があって、納得もできます。

日野原先生が言ってらしたっけ。
お手本になる人生の先輩をはやく見つけることが大切だと。

人の意見を聞かないわけじゃなく、聞こえないわけでもなく、
気にならなくなるくらいやってみることが目下の目標。

振り回されない生き方はなかなかにむずかしいです。
いろいろな情報をシャットアウトしてしまいたい気分。

それにしても……。

大丈夫。
この言葉を誰かに言ってもらいたかったんだな、たぶん…。
by aomoringo50 | 2013-03-14 08:06 | 仕事





抜き足差し足な感じで、なんとかかんとか前進中。

なんとも不甲斐ない感じではありますが、
イケイケGOGOという進み方はもうできないお年頃。

とはいえ、始まってしまえばそうならざるを得ないわけで、
だいぶスピードアップしなくてはなりません。

そろそろアクセルを踏み込むタイミングみたいです。
でも、もちろん、急加速は厳禁。

そろりそろりとまいります。
by aomoringo50 | 2013-03-06 06:59 | 仕事




国内外、旅はそこそこしたほうだと思う。

国内旅行の場合、仕事であっても基本、手配は自分でするので、
できるだけ公共交通機関を使った移動を心がけた。

電車の在来線や路線バスから眺める風景や、
乗り降りする人の姿を観察するのが、楽しくてたまらないから。

たぶん、地元の人にはなんでもない、当たり前の光景に、
驚いたり、感動したり、興味が尽きなかったり…。

その想いを、たとえばタクシーの運転手さんとか、
居酒屋の女将や大将に告げると、大いに盛り上がることも。





仕事で山口県の萩に行った際、
お守りを返しに、島根県の出雲に寄ってみようと思い立った。

在来線の各駅停車で、のんびりと移動中、
目の前に突然真っ青な海が広がり、あまりの美しさに見惚れた。

乗り降りする学生たちは見向きもしないその眺めを、
飽きもせず、ずっと見つめていた。

予備知識なしに乗っていたのだけど、山陰本線のその辺は、
日本海の絶景が楽しめる路線として有名だったのだ。

その海の青さは、青森とも、房総や湘南や伊豆とも、沖縄とも違う、
深い深い碧だった。紺碧って、こんな色なんだ、と思った。





その後、島根で乗ったタクシーの運転手さんに、
「海がすごかった!」と興奮して話かけると、とてもうれしそうに、
そして誇らしげに、いろんなことを教えてくれた。
だけど、「乗客が少なくて電車の運行本数が減っちゃってね」とも。

島根では、道端の水路の水があまりに澄んでいて、
しかも水量がとても豊富なのに驚かされた。
路線バスの高い座席から、それを見下ろしながら、
だからお米がおいしくて、お茶の文化も盛んなんだな、と。

宍道湖でとれたという、初めて目にする貝や魚を食べて、
あまりに美味かつ珍しかったで、そのことを告げると、
汽水湖の四季折々の産物の魅力を滔々と語ってくれた女将もいる。
帰り際、「次は冬に来てくれれば、もっと色々出しますからね」と。





ずいぶん長いこと故郷を離れていて、その間は、
年に1度か2度帰郷し、せいぜい1泊か2泊するだけだった。

久々の故郷では、帰って2年経ったいまもまだ、旅人気分だ。
岩木山の美しさに毎日惚れ惚れし、おいしい食材に感動する。

現実がいくら厳しくとも、本来の美点までは曇ることがない。
美しいものは美しいと感じ、おいしいものはおいしいと感じる。

山陰本線に乗っている学生も、奥羽本線の学生も、
目の前にある風景より、いまは自分の興味や友人との会話に夢中だろう。

当たり前のものの尊さは、失いかけないと気づかない。
わたしも、あのまま東京で暮らしていたら、気づかなかったろう。

旅人の視点でいられる、いまの自分は幸せなのだと思う。
地元民の喜びと、旅人の喜びをWで味わえているのだから。

コミュニティに溶け込みたい、根ざしたいと考える一方で、
このまま旅人でいるのも悪くないと思っている今日このごろであーる。

日常に埋没し過ぎて、見失いそうになるものを、忘れないために、
大事なことだけを、いちばんに考えられるように。
by aomoringo50 | 2013-02-16 08:16 | 仕事





現在進行中のひとりプロジェクト。
関わっていただく方みなさん、半径数十キロの地元民☆

みんなで得意分野、専門分野を手分けし、ベストを尽くして、
次の仕事にもつながっていくよう、がんばってみます。

今日、新たにお目にかかった方がまぁ、とても素敵で♪
目から鼻へ抜けるというのでしょうか、一を言えば十がわかる、
という感じの頼もしい御仁。
しかも、こういう人に出会いたかったという同じベクトルの方♪
幸先がよくて、うれしい限りです。

お声をかけさせていただいた方からつながったご縁。
偶然じゃなく、必然ですよね、これは。

その方から、ご紹介いただいて仲間に加わっていただける方も
この先ありそうです。

ひとりひとり手探りしながら出会って、つながって、
そうして0から新しいことが始められるなんて、幸せです。
わたしより若い世代の人たちと価値観を共有しつつ、
お互いがもっともっと幸せを感じ、この地を好きになれたらいいな、
と思っています。

さて、企画書持参で、今週中に次なるステップへと進みます。
どうか、みんなで幸福を分かち合えますように。
by aomoringo50 | 2013-02-12 16:49 | 仕事



2011年4月の帰郷から、この春で丸2年を迎えます。

激動の日々、そして、憔悴や焦燥の日々でもありました。
いや、過去形ではなく、現在もその渦中ですが…。

なにをすべきかわからずに悶々とする毎日。
この地で、どうしたら食べていけるだけの収入が得られるのか、
途方にくれるばかり。

少し道が開けたと思うと、横槍を入れる人が現れ、
なんとなく可能性が見えてきたと思うと、新たな試練が訪れ、
いつまで経っても前に進めません。

ですが…、ようやく、これをやってみようという目標ができて、
小さな小さな一歩を踏み出しました。

とりあえず、3月までには本格始動にこぎつける予定です。



なんとかしなきゃね〜☆

by aomoringo50 | 2013-01-16 09:22 | 仕事




8個の「ち」が並びました。これにメロディーをつけると

♪チチチチチチチチ、チェリーボーーーンプ♬

となります。ああ…、同世代にしかわかりませんね。

魔女のサマンサの娘のタバサちゃんが大人になって、
ボンテージ風のセクシーなコスチュームで歌っていました。

ああ、さらに同世代にしかわかりませんね。



…と、このこととは関係なく、並んだ「ち」=「遅」でございます。

雪片付けでエネルギーを大量消費し、腰に大きなダメージを受けて、
長時間座っているのがつらいのであります。
腕もだるいし、指も痛いで、ぜーんぜん集中できないっ!

で、本業のデスクワークが、遅れまくっておるわけです、はい。



「ち」は時計の秒針の音にも聞こえますね。あ、舌打ちかも。
急げって急かされてるみたいですね。
こうやってさぼってないで、やりなさいってことですね。

でも、お風呂で温まって筋肉をほぐしたいし、お腹もへってきて、
ますます、集中力がそがれていきます。



いやはや、脳がいちばんエネルギーを消費してるはずなのに、
いまは筋肉なのかなぁ。
脳のお仕事のために、糖の補給もしてるのに。

人のからだって、本当に偉いねぇ。
足りないものは足りない、過剰なものは過剰だって、
ちゃんとシグナルを出してくれるのだから。



とりあえず、お風呂に入って、ごはんを食べて、一回寝て、
起きて、仕事に集中しよう!
東京では、一回仮眠するリセット法、よく使ってました。

とりあえず、少しでも寝ると、能率が驚くほど上がります。

ただ、変な時間にお風呂に入ったり、変な時間に寝たりって、
この地では少々罪悪感があって、ちょっと及び腰でした。
でも、自分の心身が楽なスタイルがいちばん♪

自由業の暮らしぶりは、田舎では「穀潰し」にしか見えませーん。
パラサイト以外の何物にも見えないと思います。

でも、他人の目は気にしてもしようがないので。
思春期のころの自分とは違うし。



おーし、マイペースで行くどぉ〜☆


by aomoringo50 | 2013-01-08 17:22 | 仕事




いつだったか、
ここは山に囲まれた平野で、実りの多い、
山間にぽっかり浮かぶ「楽園」なのだとつぶやいていらした方が。



わたしにとって「楽園」は南国のイメージ。
某有名カメラマンさんの代表作「楽園」のように、
美しく、暮らしやすく、作物もよく育つ地こそ、楽園だと思っていた。

でも、憧れの南の地に足繁く通ううちに、
南には南の、問題や暮らしにくさがあるのだと知り、考え直した。
育つ作物に限りがあることも知った。

いつかは移住したいと、いまも思っている地ではあるけれど、
たぶん、地元民になってしまえば、
きっと、いろんな問題を抱えた地域なんだよねぇ、とも。




北国は地味だ。でも、深い。それは人気者の南国も同じだけど(笑)。
北でも、北海道はすこぶる印象がいいけれど、東北はダサイ…、
と言われる。いや、言われた。そんな時代が長かった。

でも、ほんとは、ほんとに、楽園なんだよね、ここ。
どうして気づかなかったのかと、思ったり思わなかったり。
外から帰ってきて、ようやく気づいたし、長い年月の果てなので。

そうは言いつつ、南の彼の地も、いまだ、わたしには楽園であって、
日本ってすごいね、と思った次第。
だって、北と南の端っこ近くに、それぞれ素敵な土地がある。




おっしゃー。よかった、ニッポン。まだまだ捨てたもんじゃない!
by aomoringo50 | 2012-12-29 19:34 | 仕事