カテゴリ:はじめに( 1 )




去年一年間悩んだ末に、長い長い東京暮らしにピリオドを打ち、
故郷・青森に帰ることを決めました。

そうして、来月の引っ越しに向けて着々と準備を進めていた中、
東北と北関東を未曾有の大災害が襲いました。
まだ、あの日から5日・・・。

いまだ被害の全容がつかめぬまま、続く余震、福島での原発の事故と、
気持ちの安まらない日々を過ごされている方が大半だと思います。
かくいうわたしも、ずっと動悸がおさまりません。

八戸在住の友人は、避難所生活を余儀なくされているようです。
被害に遭われた方々の生活が落ち着き、復興へと向かって行けるまでには、
まだまだ時間がかかることでしょう。

津軽平野にある実家周辺に大きな被害はなかったようですが、
しばらく真冬の寒さに逆戻りし、今日は雪だという話。
計画停電が実施されれば、暖房も給湯も使えない時間帯があります。

明日、両親の様子を見に&引っ越しの打ち合わせに空路で帰郷予定。
青森空港が吹雪いて、着陸や離陸に支障をきたさないとよいけれど・・・。
ガソリン不足で、空港からの路線バスの運行は厳しくなっているそうです。

実家の両親が心配、東京に残して行く2匹の愛犬も心配。
留守の間に大きな地震があったら・・・。
一緒に暮らすことで、この板挟みの思いだけはなくなることになるはず。

家族と遠く離れて暮らすことの不安。
親も自分も年老いて、いつか誰かの手助けが必要になるという現実。
家族の関係や故郷についてあれこれ考えていたタイミングでのこの災害。

自分を取り巻くすべてのことが大きく変わる春になりそうです。
現時点で、故郷での仕事も決まっておらず、不安がないといえば嘘になります。
でも、覚悟を決めて帰るのだから、なんとかせねば。

4月は、入学、入社、転勤と、多くの人が新しい環境に飛び込みます。
そうした人すべてが、希望を見失わずに前進できますように。

いろいろな人のがんばる姿を励みに、わたしもがんばります。
人も、町も、県も、国も、早く元気を取り戻していけることを願っています。
by aomoringo50 | 2011-03-16 13:45 | はじめに