<   2011年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧



昨日の午後、キッチンに立っていたら携帯の呼び出し音。
電話の主は重鎮スタイリストのH氏。

「もしもし、久しぶり。元気ですか?
 今日、アマナでA君と撮影中なんですよ。
 終わったら食事に行こうって言ってるんだけど、来ませんか?」

うれしい〜、行きたぁ〜い。でも、行けなぁ〜い。

「あのね、Hさん、わたし、いま、青森なんです」
「青森? 実家だっけ? 休暇?」
「違うんですよ。東京を引き払って帰ってきちゃったの」
「うそぉ〜。帰る前に会いたかったよ〜」

すみません。まだ、実はご報告をしていない方ばかり。
ごく一部の親しい人たちにしか、帰郷を知らせていませんでした。

H氏を含む制作チームとは、
天王洲にあるアマナの撮影スタジオで、
現在大活躍のカメラマンA君がアシスタントの頃から、
何年もPR媒体のお仕事をご一緒しました。

撮影のあとに、よくごはんを食べに行ったし、
地方ロケでもさんざん飲んだし、
休日もキャンプやバーベキュー、ホームパーティ、フリマなど、
遊びも楽しんだ仲間たちです。

当時はまだ少しだけ、バブルの名残があったころ。
結構、制作費も潤沢で、制作会社も接待費が使えてたような。
それはそれはタイトなスケジュールで進行はしていたけれど、
あのチームでの仕事は楽しかったなぁ。

最近は、年に一度会うか会わないかだったけど、
まさか、このタイミングでお誘いがあるとは・・・。

世田谷の自宅から天王洲アイルまでなら40分足らずの距離。
青森の実家から天王洲アイルまでは1時間40分くらい。
行けば、夕飯に間に合わないことはないけれど・・・(笑)。

「青森ロケのときはコーディネイトするからって、
 A君に伝えておいてくださいねー」
と言って電話を切ったけれど、果たしてあるかな、そんな機会。

ああ、不義理をしてしまった方々に、
GW明けにはぼちぼち連絡を始めないと・・・。
by aomoringo50 | 2011-04-29 21:27 | TOKYO
d0229487_19361198.jpg


今朝、わんたちの散歩中に携帯のカメラで撮った写真です。

曇りベースのくるくると変わりやすいお天気の中、王子と姫にリードを引っ張られながらの撮影なので、画像が暗い&ボケ気味なのですが、お許しくださいませ〜。

風は強いものの、暖かい朝でした。桜のつぼみもほら、こんなに膨らんでいます。


d0229487_193639.jpg
散歩は、家の裏の川沿いの遊歩道と、遊歩道に面してある公園(広場)4つに寄り道。広場はいずれもこぢんまりじているけれど、ゴミもなく、きれいな東屋や公共トイレ、水飲み場、ベンチなども設置されて気持ちいいのです。

写真の桜は、そのひとつにある、市民が個人で資金提供して1本ずつ植えたというもの。すべての桜に寄贈者のネームプレートがつけられています。管理も、個人オーナーさんたちでされているそうです。

d0229487_19355387.jpg
この並木では毎年、オーナーさんたち主催のお花見が行われるとか。わが家から2〜3分の場所なので、お弁当とお酒と折りたたみ椅子持参で便乗しちゃいたい〜。

ここからは前方に岩木山もきれいに見えるのです。今日は曇りのせいか、残念ながらうすぼんやりとしか写真に写らず、載せてはいないのですけれど。

青空と、ピンクの桜と、岩木山。絶対絵になる風景ですよね。満開になったら、わんたちと記念撮影をしよう!


東京のみなさーん、わたしは、こんなにのどかな場所で、日々家事のみにいそしみ、本業がなんだったのか忘れつつあります(笑)。

震災後、地震に対して過敏反応ぎみでぴりぴりしていたのが嘘のように、落ち着いた気持ちで過ごせるようにもなってきました。

危機感がなさすぎるのもいけないとは思いつつ、いまは桜の花が開くのを待ちわびる気持ちを楽しめる幸せを享受したいのです。
by aomoringo50 | 2011-04-26 20:20 | 青森の四季



県産品がほんとーに少ないスーパーの売り場。

鮮魚コーナーに「地産地消」ののぼりが立っていたので、
いそいそとのぞいたら、青森産は帆立とサメくらい。
確かに安かったし、美味しそうだったけど。

八戸港が震災で大打撃を受け、陸奥湾での水揚げが中心だから、
品数が少ないのは、その影響もあるのかもしれませんが。

東京・世田谷の近所の八百屋さんでいつも買っていた
田子産の立派なニンニク、青森産のゴボウ、長イモですら、
少ない&東京より高価(鮮度もいまいち)なんて。

春の山菜もたくさん安く食べられると思っていたのに、
全然出て来ないし、あるのは中国産の水煮ばかり。

納得いかないなぁ・・・とぼやいていたら、
父が、青森の山菜や野菜の出荷はこれからだ、と。
そうか露地モノなら確かにそうかもね。

でも、その辺に生えてるフキノトウはとっくにトウが立ってるし、
ほんとにこれから山菜三昧できるのかしらん。
そもそも根菜くらい青森産が充実していてもいいのでは。

帰郷したら、新鮮な野菜と魚介だらけ!
と期待していたのに、いまのところは不満ぎみ。

両親から、青森はそんなに食材が豊富じゃないと言われたけれど、
東京でのほうが青森産の野菜や魚介が手に入りやすいって、
やっぱりおかしい気がします。


県外向けにブランド野菜をPRするのもいいけれど、
地元でみんなが安く美味しく食べられる野菜の流通にも、
もっといい方法を考えてもらいたいなぁ。

野菜ソムリエのイベントで、
青森野菜の試食会に参加して、美味しさに感激したのに、
それが地元で手に入らないのは悲しいかも・・・。


確かに、雪深い青森では、植え付けのタイミングが遅く、
収穫は先なのかもしれないから、この先出会えるのかしらん。

大間のマグロの上級品はみんな築地へ行ってしまって、
青森の有名寿司店は築地から仕入れているんだとか。
高く売るには仕方ない仕組みなんだろうけど。

沖縄の石垣島でもマグロとカツオ漁が盛んで、
マグロ船を持ってる方が経営している居酒屋さんなどでは、
それはそれは安く美味しくいただける。

おさかなマイスターの築地市場での研修の際、
マグロ卸の方に石垣島のマグロに関して尋ねてみたら、
いいものは大間のものと遜色ないよ、と。


食料自給率120%の底力をぜひ見せていただきたい!



実家に帰って2週間。

80代の両親の暮らしを見ていてつくづく思うのは、
心身の「健康」は本当に大切で、
ありがたいものなのだということ。

歳を重ねれば、たとえ大病を患わなくとも、
体のあちこちに不調が出るし、気力も衰えます。

若い頃はふつうにできていたことが、
どんどんできなくなって、やる気もなくなって、
日がな一日、食べて、テレビを見て、寝ているばかり。

体がしんどいのだとはわかっていても、
もっと溌剌とした老人生活を送ってもらいたい・・・。

こんな生活では心身が萎えていくばかりだし、
何より楽しくないんじゃないかと思うのであります。

手助けをするために帰郷をしましたが、
何から何までやってあげるつもりはありません。
できるうちは、できることをやってもらわないと。

両親とも耳が遠くて、会話はいつもとんちんかんだし、
動きはかなり緩慢で、何をするのもゆっくりゆっくり。
歩いて6〜7分のスーパーにもタクシーで出かけます。

東京で一人暮らしをしていたとき以上に、
いま、わたしが病気で入院などできないなと思います。

離れて案じていたのは両親の生活の不自由さだったけれど、
いまは自分の将来に不安が募っています。
この先、もっと健康的に暮らして行かないと!

都会のほうが老後は暮らしやすかったのかもしれません。
病院が多く、バリアフリーも一般的で、
買い物配達サービスなども充実していて。

田舎と都会、それぞれに一長一短だとは思うけれど、
帰った以上、とりあえず慣れていくしかありません。

いやはや前途多難でありまする。
by aomoringo50 | 2011-04-25 21:18 | 考えたこと



夕べに続いて、本日も、午後にスコールのような激しい雨と突風。
どうなってるの、この春のお天気???

日が照れば暖かく、日が陰ればぐっと体感温度が下がる、
曇りベースの日曜日でした。

持ち帰った全自動洗濯機をようやく使える状態にセットし、
洗いに洗った洗濯物は、雨に降られて取り込み、
ただいまサンルームのわんこ頭上の物干竿にて乾燥中。



今日は、自室を少し片付けることができ、
寝室、そして、仕事部屋兼なんとなくリビングが、
それっぽく形を成してきました。

とはいえ・・・・・。

デスク回りの機器を設置し、仕事のファイルを取り出したものの、
資料はすべてまだ段ボールの中。
オーディオ、テレビ関連の配線はいまだ着手しておらず。

寝室もぐちゃぐちゃのまま。
ただ、やっと寝具を持ち帰ったものに替えることができたので、
今晩からはわんたちも安心して眠れるかな。

いつまでたっても仮住まい気分で、
寛げる場所がつくれず、
わたしの心の中にも、ちょっぴり嵐が吹き荒れております。



青森はまだまだ急に気温が下がる日もあって、
5月にならないと安心してフリースがしまえません・・・。

今晩は冷えています。
そんなわけで、夕飯は「おでん」にしました。
GW目前なのにね。
by aomoringo50 | 2011-04-24 19:44 | 青森の四季



桜のつぼみが膨らんで、いよいよ開花か・・・という
このタイミングでどしゃぶりの雨。
このところ、神さまはちょっぴり意地悪です。

台風並みにザーザー降ってます。
夜になってから雨脚が強まってきた感じです。

雨の日は外界の音が遮断されて静かなはずが、
トタン屋根に打ちつける雨音がにぎやかこのうえなく。

こんな夜は音楽を聴きながら赤ワインでも飲みたいけれど、
あいにくオーディオはいまだつないでおらず、
ワインを買い置いておく習慣もしばし中断中です。

今月15日の父の誕生日に、
東京から持ち帰ったロゼシャンパンを開けた以外、
ぶどうのお酒を口にしていません。

あと2本あるシャンパン&ロゼシャンパンは、
仕事が決まったとき、ギャラが入ったときに開ける予定。
早く探さないとね、仕事。

週末は昼からシャンパン・・・なんて暮らしは、
もう当分(一生かも)できないだろうなぁ。

自分が長年かけて築き上げたつもりのライフスタイル。
あれって本物じゃなかったってこと?
まだ途中ってこと?

東京か、少なくともその近郊に、
一生住むと思っていたのに、気づけば在・青森。

出不精で、仕事以外ではあまり出かけないので、
基本的な生活に変化はありません。

ただ、欲しいものがすぐに手に入る環境でないのは確かです。
とはいえ、なければないなりに、
きっと慣れていくものなのでしょうね。

味噌も、塩も、オリーブオイルも、コーヒー豆も、
エスニックな調味料も、雑穀も、パンの材料も・・・・・、
いままでは近所で手軽に買えていたものが何ひとつありません。
今後はネットに頼るもの、あるもので間に合わせるものに、
分かれていくのだと思うのだけれど、
健康的な食に関する意識の低さにはかなり唖然としています。


電車も、バスも、本数は驚くほど少なくて、
その時間に合わせて暮らしを組み立てるしかありません。
でも、少し不自由なくらいのほうが、時間を有効活用できるかも。

9時前だというのにすでに眠いわたし。
節電にぴったりの体質になりつつあります。
さて、雨音に包まれながら、とっとと寝るとしますか。



雨はさらに強さを増し、風もあって、ほんとに台風並み。
今年の春の気候はとても変。農産物への影響が心配です。
by aomoringo50 | 2011-04-23 20:49 | 考えたこと


今朝は、朝食の支度を終えた後、散歩に。

川沿いの両側にある遊歩道(片道2キロあるらしい)
ぐるぐるっと2周半回り、さらに公園3カ所でダッシュし、
それでも物足りなそうな姫と王子のために駅前通りまで進出。

トータル1時間、距離にして10キロ以上を歩きました。

このところ、ずーっと天気がすぐれず、曇りや雨ばかり。
風も強くて、木々のざわめきや家のあちこちがきしむ音がします。

鉄筋コンクリートで2重サッシのマンション暮らしだった2匹は、
雨の音、風の音、近所で鳴く鶏の声、庭に来る鳥の声・・・
いろんな音にいちいち反応して、ウロウロキョロキョロ。
サンルームの窓越しに見えるものすべてに反応して吠えています。

あまりに刺激的な日々は、ちょっとストレスなのかも。
というわけで、今日は2階で過ごさせています。

2匹はただいま休憩中(ソファーでぐっすりお昼寝中です)
わたしはようやく自分の部屋の片付けに着手。
・・・が、さすがに少々引っ越し疲れが出てきました。

配線だけ終わらせたら、わたしも休憩しようかなぁ。


桜まつりの準備に追われる弘前の様子とは裏腹に、
お天気は低め安定、気温はかなり低め。
花曇り」というには、あまりに寒い毎日です。

ただし、暖房をがんがんにつける実家では、
家の中は暑いほどで、外気との気温差が大きいのが悩み。
老人は体温が低いのでやむをえないとは思いつつ、
サンルームのちびたちがハアハアと鼻を乾かしているのも心配。

今日も今日とて家事に追われつつ、
合間にこうしてブログを綴れるようになったことがうれしく。
ああ、ネット万歳!(唯一の気晴らしです)

さて、本日は少し遠出して100均をのぞいてこようかと。
イオンのスーパーの並びにダイソーがあるみたいなのです。
寒いけど、運動のために歩いて行ってみます。

田舎はどこでもそうだと思うのですが、車社会で、
一家で数台の車を持ち、少しの距離でもみんな車で移動します。
都会の人のほうがよほど歩いているよなぁ、と。

東京で登録したさまざまなサービスのメールが届いて、
湘南の住宅情報や伊豆の温泉情報を
意味なく眺めてしまっているわたしです。

早く暖かくなるといいなぁ。
やっと春が来た東京から、まだ春の遠い青森へ移り、
またまた春を待ちわびるのでありました。
by aomoringo50 | 2011-04-21 09:27 | 青森の四季



本日、めでたくインターネットが開通いたしました。
たったいま、設定を無事に終えたところです。
帰郷から10日目にして、ようやく世間とつながった感じ。

80代の老夫婦との実家生活はのんびりしたもので、
わたしまでリタイア生活にどっぷり浸かってしまいそう。
三食きっちり食べるふたりの食事の世話だけが忙しいけれど。

朝は味噌汁のほかに3品、夜は4品程度おかずをつくっています。
野菜は毎日10種類以上使い、肉と魚の主菜を交互に。
まだ、冷凍ストックをつくりおきする体力的余裕がないので、
毎日一から仕込みをしています。

引っ越しの片付けはいまだに続いていますが、
必要最低限のもの以外は倉庫に一時的にしまっておいて、
あとはのんびりやろうかと。

おんぼろぼろっちの実家なりに、
きれいに暮らす工夫をしようとがんばっているところ。
庭と畑は父がしっかり手入れをしているから、
ハーブと果樹の今後のケアをお任せしちゃおうかしらとも。

実家は、大型スーパー、ドラッグストア、ホームセンター、
ファッションセンターがまとまってある場所まで徒歩数分。
イオン系の激安ショップが集まって建っている場所もあります。
徒歩圏内で生活のすべてがまかなえてしまうので便利。

むろん、食品の品揃えなどは、東京とは比べ物にならないけれど、
いざとなれば、インターネットで買えるからOKかと。
野菜が高価なのにはびっくり。東京世田谷より高いものも。
本州の北端という立地は、流通上やっぱり不利なのでしょうね。

おちびさんたちは、だいぶ慣れてきて、
岩木山の見える家の裏の遊歩道を散歩するのが日課となってから、
最近あまり歩かなくなっていた姫が俄然はりきっています。
車の通らない道だから、ストレスがないんだろうなぁ。

わたしは、自分の部屋のある2階や倉庫の2階へ行くのに、
何度も階段の上り下りをするのが新鮮。
健康のためにはよいのだろうけれど、ちびたちの移動が大変です。

青森は、4月とはいえ、朝晩はまだまだ暖房が必要な冷え込み。
昨日は一時的に霙が降るほどの寒さでした。
それでも、遊歩道沿いの桜のつぼみは
日に日に少しずつ膨らんで赤みを増してきています。

ここからの情報発信は、ゆるゆると始めます。
ブランクが長かったので、まだまだ青森の現状が把握できません。
空港も、最寄り駅も近いけれど、いまは井の中の蛙状態。
新聞や地元放送局のニュースでしか情報が得られていないのです。

それにしても・・・
パソコンの前に座ってほっとする自分がなんだか可笑しい。
身に染み付いた習性ですよね。

ではでは、皆さま。
これからは、本当に「青い森」からの日記となりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
ひとまず、近況報告まで。
by aomoringo50 | 2011-04-20 20:09 | ごあいさつ
実家に帰って、一番よかったと思うのは、ちびたちの環境。

家の裏の川沿いは遊歩道になっていて、整備された公園もあります。桜並木も間もなく綺麗に咲きそう。散歩にもってこいの場所です。すれ違う人も少なく、部屋着のまま、気軽に行けるので、私も楽チン。

日中は居間に面したサンルームで外を眺め、番犬を務める毎日。居間には必ず誰かいるので淋しくない。

よかったね、おちびさんたち。
by aomoringo50 | 2011-04-19 20:20