カテゴリ:林檎&フルーツ( 42 )




先日来、ニッカのアップルワインって何かに似てる・・・
と、ずーっと思ってて、さっき気づきました。

ポートワインです。ポルト酒です。

だって、ブランデーが入っていて樽熟成されてるんだから、
もうこれは完璧ポルト酒。

・・・だけど、中身がりんご由来の材料なのね。

となったら、いままでポルト酒を使っていたレシピは、
全部これに置き換えられるってこと。

フルーツデザートにばりばり使えるじゃあないですかぁ。

あら、うれしい!
お値段お手頃で、なかなかまろやかなお味ですことよー。

ただ、買える場所が限られるけれど。

そういえば、子どもの頃、赤玉ポートワインってあったっけ。
あれは子どもも飲めるものじゃなかった?





なんにせよ、気になっていたこと、ひとつ解決!
これで使い方の基本路線が決まったわぁーい。



ブランデーって、葡萄の蒸留酒のことで、
カルバドスとかは特別なものだと思ってました。

じつは、ブランデーの原料は、
本来、葡萄と林檎のふたつが主流なんですって。
ご存知でしたかぁ〜?
「飲ムリエ」のわたしはちーっとも知りませんでした。

ま、どちらも聖書に登場するほど、
歴史の古ーい果実ですから、
さもありなんって感じですが。

そーかそーかと納得しながら、
夕べは、A-FACTORYで購入したニッカさんの
アップルブランデーとアップルワインをちびっと試飲して、
林檎を使ったレシピを死ぬほど考えよう、と決意。

昔、K社の女性誌に机を置かせていただいていた頃、
ニッカ弘前工場の「シードル」のタイアップ取材に
当時の副編が出かけた記憶が・・・。
ということは、ニッカのシードルの歴史って長いんですね。
もう一回HPを見直してみようっと。


林檎酒、林檎酢、生林檎。
夏穫りの早生の品種についても勉強せねば。
そういえば、わが地元駅には
林檎の資料館みたいなのがあったっけ。

そうそう、薬草ハーブ観察会に当選しました。
農業指導センターというところに伺うのが楽しみ!
寄せ植え体験もできて、持ち帰れるんですって。

林檎もこういう体験会や勉強会があるのかなぁ。
「りんご大学」というニュースを送ってもらっているので、
もっとしっかり探してみなくちゃ。

そういえば、青森市内の住宅街に、
地元の小麦農家さんと契約して、
その粉でパンを焼いているお店があるそうな。
ぜひ食べてみたーい!

個人でも、こういう努力をして、
地域に密着した働き方をしている方がいる。
頼もしい&嬉しいことですね。

わたしもがんばらないとー。
林檎三昧に加え、県産の根菜、米、雑穀のコラボで、
考えたいこと、いろいろ。
いつか、なにかの形にできる日を夢見て。

青森暮らしはまだ始まったばかり。
「もう2ヵ月」じゃなくて、
「まだ2ヵ月」と、自分にむっちゃ甘いけど、
そう思うことにしました。

先は長いので・・・・・。