<   2011年 09月 ( 47 )   > この月の画像一覧



早朝のキッチンにて、心の中で何度かこの名を呼びました。

ステファ〜〜〜ァンッ!

ル・コルドン・ブルーのパンのクラスのシェフ、
つまりは、わたくしの恩師の名前であります。
ちなみに、かなりイケメン。既婚。シャイな方です。



バターたっぷりのヴィエノワズリでもないのに、
捏ねても捏ねてもパン生地がべたべたで、
まーったくまとまらない状態でしたのよ、今朝。

なぜ? どうして? WHY?
可能性としては、水分量の間違いかなぁ・・・。
でも、計量したら、
重さはいつもとほとんど変わらなかったし。



なにが原因かはわからないけれど、
とりあえず、最近は水分たーっぷりめのパンが流行だし、
自家製酵母で生地がダレ気味だったカンパーニュが、
焼いたらいい感じになったこともあるし、
一次発酵の調整でなんとかなる!

・・・・・・・・・・ような気がしたのだけれど、
とにかく、不安で、不安で・・・・・。

で、心の中で何度も名前を呼んでみたわけです。

ステファーン って(笑)。



なんとかせねばと思いっきり焦りながら、
誰かにすがりたい、誰かに教えを請いたいと、
ステファンシェフ、motti先生、藤森シェフの顔を
代わりばんこに思い浮かべておりました。

授業で教わったこと、レッスンで聞いたお話、
あれこれ思い出して、解決の糸口を探しつつ、
とりあえず、かるーくまとまるまでは捏ねました。

結果、なんとかなりはしましたが、
時間との闘いだったので、どっと疲れてしまい、
午後の事務作業のはかどらないことったら・・・・・。





自分のためのパンも、今日は1種類だけ焼きました。
キャラウェイシード入りのライ麦パン。
ヨーグルト入りで、ドイツチックな風味です。

薄切りにして、
ブルーチーズとスライスしたりんごをのせて、
ワインのお供に。ポトフに合わせてもいい感じ。





なんにせよ、今日の経験もいずれ何かの役に立つと信じて、
パン焼き修行を続けるのであります。

近くに先生がいないいま、経験しか頼るものがありません。
やってみるしかない。失敗してみるしかない。

同期のみんなもきっと同じ思いで精進してるはず。
わたしも、がんばらなくっちゃ〜。




そうそう、ステファンシェフは日本語を話されないので、
通訳の方がいないと、わたしは質問もできません(笑)。
なんてこったい・・・情けないです・・・。




王子の粗相をはげしく叱ってしまった・・・。

ごめん、王子。

ぜーんぶ、このハハがいけないのであります。

君たちがストレスをためる原因をつくっているのは、
紛れもなく、このわたし。

王子が悪いんじゃないものね。

はぁ・・・・・深く反省中。

土下座級にごめんなさいしなきゃ。

おーい、王子、どこに隠れたの〜。
仲直りしてちょうだい。ハハを許しておくれ〜〜〜。



な感じで、ダブルヘッダーで事前取材。

素敵な女性おふたりに、
豊かな食生活のヒントをご提案いただきます。

あーでもないこーでもないと
食べ物の話をしているだけで仕事が終わりました。
楽しい、うれしい時間。

しかし、自宅に戻って、待ち受けていた現実に、
ちょっと心が折れそうに(笑)。

ああ、たくさんたくさん仕事をくださーい。
仕事をしている間は、現実逃避ができるので・・・。
ばりばり働きたいなぁ〜。
by aomoringo50 | 2011-09-26 23:16 | 仕事


このところ、このおぼっちゃまのご機嫌がうるわしくない。

d0229487_8432288.jpg


プンプン!





日中あまり相手をしてあげられなかったり、
以前のように家の中を自由に動き回ることができなかったり、
長雨で散歩がずっとできなかったり・・・。

いろんな理由が重なってのことだと思うけど、
わざと粗相をして、関心をひいている気がします。

東京ではずーっとトイレを覚える気のなかった王子が、
最近は失敗しなくなり、喜んでいたのだけれど・・・・・。





愛情不足、ふれあい不足への抗議なのかなぁ、と。

d0229487_843953.jpg


ごめんね、王子。

zzzzzzzzzz・・・・・・・・・ソファでお休み中。





今週は仕事の外出が続くから、
今日のプライベートな外出を控えて一緒に過ごすべきか悩み中。

うーん、どうしよう。ハハは悩むよ。





姫はどう思う?

d0229487_8585378.jpg


zzzzz・・・・・ただいま膝の上でお休み中。



食関係だけに特化させたブログのスタート準備中ですが、
さて・・・いつから・・・・・。

http://tsugarian.exblog.jp/

写真の腕を上げることと、器やカトラリーの整理という
課題が残っておりまする。
by aomoringo50 | 2011-09-24 09:01 | 仕事
d0229487_1945913.jpg

*写真は文面とは無関係です。
 夕方、電車の待ち時間に飲んだキングフィッシャーなり。





帰郷してから届いた
茅ヶ崎在住の先輩ライターからのメールの一部です。

「わたし、ノンケミカルな女になったの。
 白髪を染めるのをやめました。
 そしたら今日は、3回も席を譲られちゃったわよ」

半ば冗談、半ば本気で喜んでいる様子。
いかにも『らしい』文面に、思わず、クスリ。

まだ、還暦を少し超えたばかりで、お肌はぴかぴか。
赤い口紅をくっきり塗って、いつもおしゃれな先輩です。

30代の頃、しわがまったくなくてあまりに若く見られるので、
仕事のときは、年齢相応に見えるように、
わざわざ、しわを描いていたという逸話の持ち主(爆)。

席を譲った人たちには、
先輩は何歳くらいに見えているのやら。



茅ヶ崎の家からバスと電車を乗り継いで都心に行くと、
最低でも2時間はかかるだろうから、
座れるのは、ほんとにうれしいんだと思う(笑)。
ライターは持ち歩く資料や道具が多くてバッグが重いし。

美術関係の仕事のときなんて図録が重いから、
わたしのバッグはいつも重量7〜12キロありましたよん。
腰も肘も指の関節も痛めるはずです・・・(泣)。






いつ染めるのをやめるか。
それがここ数年のわたし自身の課題でもありました。

若白髪家系のわたしは、20代から本当に白髪が多くて、
長年ずーっとケミカルな女だったんです。

加藤タキさんのように、
早いタイミングからグレーヘアを楽しむのもいいなとか、
島田順子さん、稲葉賀恵さん、玉村豊男夫人のような
グレーヘアなら、品のいいおしゃれが楽しめそうだなとか、
ずいぶん前から考えていたのです。

グレーヘアだと明るい色の服や口紅が似合うようになるわよ、
という加藤さんのお話が耳に残っていて。
また、稲葉さんの、グレーヘアにぴったりの
シンプルで大人の色香たっぷりの上品な装いに魅了されて。

昨冬のインフルエンザ予防接種のとき、
世田谷の近所の内科で偶然お見かけした女性は、
グレーヘアのストレートボブ。
スレンダーな体型にシックなおしゃれがとても似合っていて、
なにしろ姿勢がよくて知的で上品。
看護士さんとの会話は笑顔で溌剌としていてチャーミング。
待ち時間にぴんと背筋を伸ばして本を読む姿を
こっそりじーっと観察しちゃいました。

あと、ご近所さんだった洋画家さんの奥さま。
グレーヘアのベリーショートに大きなパールピアスをして、
麦わら帽子&ロングシャツ&ジーンズで庭掃除、
洗練されたスーツで外出と、カジュアルもエレガントもばっちり。
いつも明るいピンクの口紅をすっとつけていらしたのも印象的。
この方もとても姿勢がよくて、
端から見て気持ちいいくらい、きびきびと行動されていました。





「姿勢がよい」「溌剌としている」=いまから頑張らないと。
少しでも若く見えるうちから慣らしておいたほうがいいかも、と。

歳ばかりとって、中身がちっとも成長しないので、
髪の色から大人になっていくのもいいかなと、
昨年一度ノンケミカルに挑戦したものの、あえなく挫折。
が、帰郷したいま、再チャレンジ中であります。

そして、ノンケミカルな女の実践だけでなく、
コンタクトレンズから眼鏡、ノーメイク率アップで、
どんどんナチュラルおばさん化状態です(爆)。





30代の頃に、上質で長く着られるベーシックな服にハマり、
「おばあちゃんになっても着るんだ!」と決めて、
色違いを何色か買ったツインニットやシルクシャツをとってあります。
MUJIのボーダーシャツも永遠の定番予定です。
「50歳を過ぎたら、きものとジーンズだけで暮らす」と宣言し、
普段着用のきものを日本橋三越でまとめて誂えもしました。
(冬の青森できものの外出は無理そうだけど・・・)



ま、なにはともあれ、
ノンケミカルな眼鏡&きものおばあさんへの道を邁進中。
そして、おばあさんになったわたしはどこに住んでいるのか妄想中。



きれいなおばあさんは好きですか?(爆)
by aomoringo50 | 2011-09-23 21:35 | 雑記
d0229487_18263587.jpg




ずーっとずーっと、今日の今日まで、
テンプラリーニョだと思っておりました・・・。
テンプラニーリョだったのですね・・・。

スペインの皆さん、ごめんなさい。

これまでさんざん、いろんなお店で口にしてきました。
ワインバーでも、レストランでも。
でも、ソムリエの方から一度も指摘されたことがなーい。

聞き取れなかったか、慮ってくださったか・・・。

わたしはやっぱり一生「飲むリエ」なのかも。
とはいえ、葡萄の品種くらい、しっかり覚えないと、
野菜ソムリエも失格かもねぇ。情けないっ。



そうそう、さっきスーパーで「あけび」を買って来ました。

あけびって樹になるんだから果物でしょ。
でも、そばに調理法いろいろという説明書きがあって、
なになに、味噌炒め? 肉詰め? 天ぷら? へ???

スイカが果物的な野菜であるように、
あけびは野菜的な果物であったのかぁ〜〜〜。
子どもの頃から見てたのに、知りませんでしたぁ〜〜〜〜〜。

あけび1個50円。控えめに2個だけ購入。

さて、どうやって食べよう。
ところで、皮はどうするのだろう・・・・・・・・・・。
調べないと、下ごしらえの仕方がわかりませぬ。



冒頭の写真は、スーパーの帰り道、
あんまり空がきれいだったので携帯で撮ったのですが、
じぇんじぇん美しさが伝わりませんね。

なんか、どっか火事みたいに見える気も・・・トホ。

by aomoringo50 | 2011-09-22 18:43 | 雑記



雨続きで、空はどーんより。
寒いし、気分が上がりません。

そんなわけで、目から元気注入!
南国の青い海、青い空、極彩色の花。


d0229487_1261984.jpg

石垣港。

d0229487_1283240.jpg

竹富島。

d0229487_1215523.jpg
d0229487_1253330.jpg

波照間島。

d0229487_126543.jpg

d0229487_126215.jpg

石垣島「舟蔵の里」の花。





続いて、津軽の空と山と湖と果樹と花。

d0229487_1212339.jpg

d0229487_12102188.jpg

十和田湖。

d0229487_1295444.jpg

d0229487_1294583.jpg

白神山地。

d0229487_12243366.jpg

王余魚沢倶楽部入り口。
d0229487_12224191.jpg

青森の川村りんご園さん。





南も、北も、自然豊かな土地の青と緑は澄んで美しく、
花や果実の色彩はみずみずしく輝いて、
心が洗われるし、元気がもらえますよね。

青森出身のブログ仲間の方が教えてくださったのですが、
「海は浄化、山は癒し」の場なんですって。

沖縄や八重山の緑は野性的に濃くて、海は透明で青く、
青森の緑や海はグレーがかってくすんでいる。
そんな風にずーっと思い込んでいましたが、
こうして写真を同時にアップしてみると、青森もきれい。

昨年5月の八重山と、今年の夏の津軽です。
気温差や湿度の差を写真でも感じるものですね、意外と。

あ、それは自分が体感しているから記憶が結びつくのか。
わたしの写真の腕じゃ、そこまでわかりませんよね(爆)。
デジタル一眼レフのオートモードですもん。


ま、ま、お目汚しですが、気分上げていただけましたか〜。
d0229487_21371385.jpg



昨日買って来たプルーンは、
2袋合わせて30個くらいありました。

今日、生で食べてみたら、やや酸味が強くて、
熟成までもう一歩という感じだったので、
ジャムはやめて、低温のオーブンでセミドライ状態にし、
ひとまずキルシュにつけておいてます。

1個味見したら、やっぱり酸っぱかったので、
使うときに糖分を加えてもいいかな、と。



d0229487_21371722.jpg



スパイス増量で、いつも以上にスパイシーで
パンチの効いたジンジャーシロップ、
モナンのキャラメルシロップ入りの桃ピュレ、
パンに使う予定のシンプルなレモン風味の煮りんご・・・。

つくってる途中で、どんどん内容が変わってしまうのが、
わたしの台所仕事(笑)。予定は未定。

こんなことをしているうちに昼になり、
午後は野菜中心の料理あれこれの仕込みをして、
塩麹も仕込んで。



時間のあるときに料理はまとめてつくり置きしたほうが、
無駄がでません。
しばらく同じ物を食べることになっても、
あんまり苦痛じゃないほうです。

ま、自分が好きな味つけでつくっているから当然だけど。
数種類あれば、組み合わせを変えて食べればいいし、
1〜2品なら追加をつくればいいんだし。



明日も雨で気温が低そう。
出かける用事はいまのところないので、何か焼こうかなぁ。



昨日から気温低め。
朝から晩まで14〜17℃くらいで推移し、高低差3℃くらい。

今日の明け方は冷え込んだなぁ、と思ったけど、
それでもやっぱり14℃くらい。



夕べはまずはこの姫さまが・・・

d0229487_6353322.jpg



続いてこの王子くんが・・・

d0229487_6351240.jpg



布団にもぐりこんでまいりました。
いまのベッドは小さいから狭くて窮屈なのに。

昨日、彼らのベッドに冬用の厚い毛布を敷いてあげたのに、
やっぱりそれでも寒いらしい。

おいおーい、寒さはこれから本格化するのですよ。
いまからこれじゃあ、先が思いやられます・・・・・。

とくに、寝坊助の王子くんは、
朝ごはんを出すまで、布団から出て来ませんでした。

雪の中の散歩、行けるかなぁ、このコ。
対策を考えないと。