<   2012年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧




の時代(江戸時代まで)は、
高貴なお方は基本、食生活の豊かさゆえ、少々長生きでしたが、
庶民の寿命は、よくて、せいぜい50歳まで。

それで、いいじゃん…と、ずいぶん前から思っており、
長生きがもらたす弊害の方に目がいってしまうのであります。

わたしは、60歳までに死んでしまいたいと、
だいぶ前から思っていました。書いてもいました。
他人に迷惑をかけずにフェードアウトしたいと思っていたのです。

いまも思いは同じです。
両親を看取り、愛犬を看取ったら、役目は終わりだなぁ…と。

悲観的なわけではありません。
生きている意味や価値は、役割&役目のあるうちだと思うし、
経済的にも老後の自分を支える自信がないので、
生活保護を受けるよりは、役に立たなくなった時点で
フェードアウトしたいと、ずーーーっと思ってきました。

自分の人生。自分で幕を引きたい。
わたしの支えは愛犬なので、
彼らの健康や快適な暮らしを維持できなくなったらおしまい。
そう決めています。

愛する存在を守れなくなったら、もう、
生きてる意味も価値もないと思っています。

寝たきりになっても生きながらえさせる医療には、
じつは、ずーっと反発しています。
大往生は、からだの声に正直にしていなければできません。

前向きに生きていくことに貪欲であるのと同じくらい、
老衰で寿命を全うできるように健康を維持できる努力をする。
その覚悟がない自分など、長く生きても苦しいだけ。
それだけは、本当に自覚しています。

ベッドで床ずれに苦しみ、口から食事をとれずに、
それでも、そうしてそこにいるだけでも両親にはいて欲しいと
おっしゃった70代の方がいらっしゃいましたが、
わたしには理解できません。

そこに、本人の幸せはないと思うので。
by aomoringo50 | 2012-05-31 21:14 | 雑記



ふと目覚めて、傍らを見れば、すやすや眠るちびっこ2匹。
愛しさがこみあげてきます。日々、ほんとに支えられてます。

姫はあさって10歳になります。長生きして欲しい。

最初の家に2年、2番目の家に7年、3番目のこの家に1年。
王子は、3年と、1年。

一緒に暮らして、一緒に引っ越して、一緒に歳をとって。
でも、寿命の長さが全然違うから、見送るのはわたし。

今日はお天気がよくなるみたいだから、いっぱい歩こうね。

このコたちがいたから、がんばってこられました。
がんばっていけます。ありがとう。


仕事で、わたくしごときには畏れ多い方々にお目にかかり、
ふつーに、ご本人たちの言葉を耳にしてきてしまったがために、
いわゆる啓蒙とか、いわゆるマネジメントとか、
そういうお話にあまり感動しなくなってしまいました。

共感することは多々あります。でも、そこ止まりです。

経験が、たとえば職人さんの技術とか、専門職の極意とか、
そういうものであれば、ストレートに心に沁みこんでくるし、
会得したいとも思うのですが、他人の経験を見聞きしただけの
いわば自分と同じレベルの人のものだとトーンダウン…。

ひとさまが苦労して成し得たことは、それはそれ。
それを分析して、披露し、商売にする人たちの話は似たり寄ったり。
そんなの誰でもそう思うよね…のレベルのお話が多くて、
「さすが!」と思える方は、本当に少ないです。

受講生の心をつかめないアナタに、何が語れるの! です。

代官山のとある学校で、とある講座に出席した際、
その方が企画し、実現し、瞬く間に失速した事業複数を知っており、
それでもヒントがあるのではないかと期待しましたが、
1回目の受講が終わった時点で、受講継続を止めようと思いました。

魅力がなかった…ご本人に。明らかに敗者の雰囲気。
迷いながら進める講座に魅力はありません。

打てば響く…ような反応があるかないか。
それは、やっぱり話術、言葉の力のあるなしにかかっていますよね。
聞いている対象がクレバーであってもなくても響く言葉で、
役に立つ事をわかりやすく説いてくれればうれしいです♪

お金を払って受講する、ということの意味を考えて欲しいですね。
その金額に値する内容を望むのは、間違いでしょうか?
by aomoringo50 | 2012-05-30 17:03 | 雑記




このところ、朝晩の空気がひんやりしています。

真夏でも、夜は、驚くほど冷たい風が吹き込むことがあって、
びっくりしてしまうのですが、これがヤマセ?

どんより曇った空の下、明日は晴れろと念じています。

ほったらかしの家庭菜園、果樹やハーブのプランターを
なんとかせねばなりません。

計画的かつこまめに畑の手入れをしている友人の姿に、
「適性」の二文字が浮かんできます。

向き不向きでいうならば、栽培には向かない性格のわたし。

気候の変化に応じた対応や病害虫対策などを
毎日きちんとできるタイプではありません。

こんなにひんやりした日には、外にでることすら億劫になり、
デスクワークに逃避しています。

栽培者失格…。

下手の横好きというやつなので、楽しむばかりで進歩なし。
あれもこれもと手を出し過ぎなんですね。

梅雨になったら、また冷えるのでしょうか、津軽。
いろいろな作物への影響が心配ですね。
by aomoringo50 | 2012-05-29 07:57 | 青森の四季





帰郷して1年と1ヵ月以上が経ちました…。

もうUターンであることを理由にできないことはわかりつつ、
ぼやきます。

仕事がありませーーーーーんっ!

というわけで……

本業に関しては、地元での求職は半ば諦め、
首都圏に依存することにしたのですが、それはそれで難しく…。

旧知の編集者の方からいただいたお仕事を大事に進めつつ、
老後の健全なる生活のために蓄えも必要だろうし、
もちっと働かないと「マジ、ヤバいっす!」w…な状態を認識。

豊かさってなんだろう? 
貧しさってなんだろう?


考えましたよ、いろいろと、つらつらと。
そして、思ったのです。

豊かさは、わたしにとっては「知る」ことです。
そこにあるものの価値が、知らなかったことを知ったあとには、
大きく変わったり、楽しくなったり、前向きになったり。

貧しさは、わたしにとって「意欲がない」ことです。
お金がなくても、毎日が忙しくて時間がなくても、可能性が低くても、
やってみたら充たされた気持ちになることが多いので。



先日、民芸友の会の先輩と電車で帰宅の道中、
いろんなお話をして思ったのです。

みんな、自分もいつか老いることを想定しましょう♪

そのうえで、やっておくべきことを考えましょう。

ハワイとかのリゾートはともかく、
ヨーロッパは若いうちに行かないと歩き回れませんよ!
ショッピングだけでなく、現地の生の文化にふれましょうね。

子どもの頃になりたかった職業を諦めないこと。

自分がなりたかったもの、やりたかったものには意味があります。
思い出してみましょうね。

未経験のことを経験する。未体験のことを体験する。
子どもでなくても、大人でも、それは素晴らしいことです。
人生を2倍も3倍も豊かに生きられるかも。

ずっと青森に住んでたっていいんです。
出戻ったんでも、さまざまな事情で住む事になったんだっていいんです。
ただ、青森を愛するなら、俯瞰や傍観…
いい意味で、客観的な視点を持つ事が必要だと思うのです。

そして、県外の方々に、たくさんたくさんこの地の魅力を伝えて、
自分でできる形で伝えて、
観光、産物流通、文化発信などで、県外からの収入を得たいですね♪

県外からの外貨をたくさん得て、県に税金を納めるのが夢です♡
あー、ベストセラー作家とか、漫画家になれたらねーw。
by aomoringo50 | 2012-05-28 16:41 | 仕事
d0229487_773648.jpg

青森から、青い森鉄道に乗り換えて、浅虫温泉に到着↓

d0229487_6563745.jpg

駅前の道の駅「ゆーさ浅虫」に集合。目の前は海♪



駅の裏の道をのぼっていくと、新緑が鮮やかな森↓
d0229487_6573186.jpg


『青森・草と木の会』のメンバーの説明をお聞きしながら、
山道をてくてく歩き、立ち止まっては草木を眺め、
足元を見つめたり、道端に目を移したり、思いきり樹上を見上げたり。

d0229487_6574269.jpg

d0229487_6575085.jpg

d0229487_6581217.jpg

d0229487_6583497.jpg

d0229487_6584320.jpg

d0229487_659043.jpg


ふむふむと説明に耳を傾けるものの、まったく頭に入らず、
草木の名前が覚えられませぬ…。
食べられる山菜の名前が聞こえたときだけ、耳がピピッと反応しますが。

ハルニレの葉の形が左右非対称であることだけは覚えました…。



1時間半を過ぎたあたりで、この急な階段を上ると
d0229487_659346.jpg


陸奥湾展望所に到着です。
d0229487_6594824.jpg

d0229487_6594181.jpg

d0229487_6593249.jpg


海上はやや靄っていましたが、晴れて気持ちのいい眺め♪

浅虫温泉のキャッチフレーズは「海も山も温泉も」らしいけど、
まさしくその通りですね。名刹のない鎌倉みたいなものか。
ここに棟方志功記念館と併設レストランかカフェでもあればいいのにねぇ。



このあと、森林公園の管理棟まで下りて、豚汁をごちそうになり、
持参したおにぎりを食べて、解散しました。

帰り道、心惹かれつつ、入館しなかった水族館。
家族連れが次々と入って行っていましたよ。
d0229487_7863.jpg


永井久慈良餅さんに寄って、両親へのお土産を購入。
できたてだったのか、熱々でした♪
お値段なんと400円。安いですよね〜。



青森市の月刊広報誌には、
こういうトレッキングツアーの募集がたくさん掲載されていて、
いつもあれこれ迷いつつ、申し込んでいます。

昨日は青池周辺のツアーもあって心惹かれたけれど、
今シーズン初の参加なので、初心者向けの浅虫温泉を選びました。
参加者70〜80人と大盛況でしたよ。参加費なんと100円!

植物のプロと歩くのは、本当に心強いし、勉強になりますね。

d0229487_702226.jpg

藪の中に、こんなに素敵なクリスマスローズのような花が咲いてても、
気づきませんよ、素人じゃ。

教えていただいた名前はすっかり忘れてしまいましたが…。
けっこうなハイペースで移動をするので、写真を撮るのが精一杯で、
メモをとることができませんでした。

昨日の教訓。
食べられるもの、毒のあるもの、かぶれるものだけ、覚えよう!

草木の名前は、まずは庭木と近所の散歩道にあるものから、
少しずつ覚えていきたいと思います。
山菜の名前と食べ方は早急に覚えたいのですが。花より団子♪



電車の時間まで余裕があったので、
道の駅に戻って、目の前の海を眺めながらビールを飲み、
観光市場で麹、豆、雑穀を買いました。

再び、青い森鉄道に乗車すると、
例の萌え萌え制服姿の可愛いお嬢さんがアナウンスしてました。
じーっと熱い視線を注ぎ続けるオタクっぽい青年がコワかった…w。



今日、陸奥湾展望所から見えていた夏泊方面にも行ってみたいし、
田代平や萱野茶屋にも行きたいし、
もちろん十和田奥入瀬も白神山地も行きたいのです。

トレッキング気持ちいい〜♪ 青森の自然、最高〜〜〜♪
キャンプがしたいなぁ。アウトドアクッキング♡

靴もバッグもカメラバッグもこれから十分活躍しそうなので、
とってもいい買い物をしたと思います♪
梅雨の前にどこか行きたいなぁ。



整いました♪

トレッキングシューズとバックパックとシューズカバー。
初心者なので、まずは、この程度の装備で…。

靴は価格帯とサイズ在庫の兼ね合いで、
あまり選択の余地がなく、レンガ色の渋め明るい色に。

バッグとカバーは景観の邪魔にならないように、
ネイビーで。やっぱり派手な色は選べなかったです…。

登山なら、派手で目立つ色がよいのでしょうが、
景色を楽しむゆるゆるトレッキングの場合、
みなさまが撮られる写真などに写り込むことも考え、
あんまり浮かない色がいいよねぇという結論。

さーて、日曜日、初装備で出かけます。楽しみ♡




先週の金曜日の夕方、
とあるプロジェクトの立ち上げに参加してきました。

さまざまな分野のプロが集まっていたので、
話題盛りだくさんで、その中身のまた濃い&面白いこと!

小麦の知識が豊富な方がいらっしゃったので、
このときとばかり、いろいろ質問させていただきました。

本来の主旨とは関係ない話も含めて、
わくわくする内容ばかりで、なんだか久々にいい夜でした。

本格的に始動したら、もっと交流が深められるでしょうか。
うーん、とっても楽しみです。

小さなことからコツコツと。
今日も歩みを一歩進めるべく、事務局長が奮闘してるはず。

秋に向かって楽しみがひとつ増えました。
この最高のメンバーで何かを成し遂げられたら素敵です♪
by aomoringo50 | 2012-05-21 16:15 | 仕事




昨年、田舎の気楽さで、あまりにのびのび暮らしすぎて、
すっかり日焼けして、真っ黒くろすけのわたし。

散歩も、買い物も、外に出るとき、無防備すぎて、
顔も、首も、手も真っ黒になり、
冬の間の連日の雪かきで、さらに雪焼けまでし…。

今年は少し反省して、日焼け止めは朝塗るようになり、
忘れなければ帽子もかぶって出かけてます。

が…手や首は、相変わらずほったらかしだったので、
今朝、自分の手の甲の黒さにびっくりして、
あきれつつも、しげしげと眺めてしまいましたとさ。

今日からは手にも日焼け止めを塗りましょう。
そして、活動開始! なのであーる。



最近、あまりに肌の調子が悪いので、
以前もチャレンジした「水を使わないクレンジング」を実践中。
少しは復活なるか…。

基本、無頓着すぎるんですよねぇ。
年齢を自覚して、少しはお手入れをまめにすればいいんだけど。
美容の記事、死ぬほど書いたのになぁ。

昨日読んだ『97歳の幸福論』は今後のわたしのバイブルになりそう。
暮らし全てに、おしゃれ心を忘れてはいけないのだ♪
無精は老いを加速させるのだから。
by aomoringo50 | 2012-05-20 08:02 | 青森の四季
d0229487_7583690.jpg



まだまだ八重桜(か?)は咲いていて、
緑は日ごとに鮮やかになり、
たんぽぽや菜の花、ムスカリ、シバザクラなどが
いっせいに咲き始めた散歩みち。

d0229487_7584764.jpg

d0229487_759244.jpg



川沿いの道だけでなく、原っぱにも、
どんどんどんどん入っていきたいちびっこたち。

住宅街の道路を歩いているときは、
疲れた顔でだっこをせがむ姫さまも、
原っぱに行くと元気復活。
もっと遊んで帰ろうよと突っ込んでいく。

そして、帰りにはこんな姿におなりになる↓


d0229487_7593227.jpg



帰ってから、長い毛にからみついた花殻をブラシでとるのは、
本当に大変なのであります。

でも、楽しかったよね、さんぽ♪
by aomoringo50 | 2012-05-18 08:09 | 青森の四季