<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧




今日は、野菜の日。
野菜をもりもり食べてパワーチャージしましょう♪

帰郷して、いちばん幸せだったのは、野菜が安くて新鮮なこと!
本当に、文字通り、もりもりと食べる事ができて幸せです。



もともと丈夫なわたしですが、
10年近く前から雑穀米〜発芽玄米〜玄米を食べるようになって、
ますます病気知らずになった気がします。
ここ数年は、野菜を多種類、毎日食べているので、さらに健康!

まずは、体温が上がりました。
低体温症がとりざたされる昨今ですが、わたしは平熱が36度8分くらい。
免疫力を考えても、基礎代謝を考えても、ちょうどいいのかな。

そして、風邪をひかなくなりました。
ひきかけても、軽い症状ですみ、自然に治ります。
あと、便秘は経験がありません。
食物繊維も十分に摂れているからなんでしょうね。

本当はハーブティーでもっと体調を整えられるはずなのに、
暑さが続くと、ついミネラルウォーターに手が伸びて…。
でも、ナチュラルミネラルウォーター(アルカリイオン水)も、
からだをニュートラルに戻すのに効果的なので、夏はこれで乗り切ります。



野菜だけだと力が出ないなんて嘘。
むろんバランスよく食べるのが前提だけど、
野菜はその色や食感のバリエーションで楽しませてくれるし、
パワーもくれる。目からも元気がもらえます。

数日前に、日野原重明先生が、
「あれこれ健康法を探すより、生き甲斐を持ちましょう」
とおっしゃっていて、とても共感しました。

食も同じですよね。

からだにいい特定の食べ物を探すより、
素材や調理法のバリエーションを楽しみながら、
食べる喜びを味わいましょう♪

食べることは=生きることですが、
生きるためだけに黙々と淡々と食べるのでは味気ない。



よし、わたしの座右の銘は、今日からこれにします!



よく食べ、よく生きる。



四季の旬を楽しみながら、楽しく食べて、幸せを感じたい。
毎日、そうして、暮らしていきたい。

大地のごちそういただきます。
そんなタイトルの本があったけど、ほんとにごちそうですよね。
ありがたい恵みに、今日も感謝!



昨日は、友人宅の屋上で、絶景を堪能しながらのBBQ&BEER♥

青森市街を一望できて、とっても気持ちよかったです。
高い所って、どうして気持ちがハイになるのでしょうね。

上から目線で、天下をとった気分になれるからかなぁ。
まさに城主の気分でございました。
 
気がかりがひとつ消えた一人と、がんばった合格者一人がいて、
ほっとした雰囲気で、ぺちゃくちゃ、わいわい。

昨日は、曇りがちで暑すぎず、心地よい風も時折吹いたけど、
今日はまたまた晴れて、暑くなりそうです。

予想最高気温は33℃。

昨日、友人宅に麦わら帽子を忘れてきてしまったので、
今日は日傘をさして出かけます。

いつまで夏は粘るのか。
本日、8月30日。明後日はもう、9月でありまする。
by aomoringo50 | 2012-08-30 08:24 | 青森の四季



ここ数年、愛飲しているのが、
イタリア・ラヴァッツァ社のコーヒー。

直火タイプのフランス製エスプレッソメーカーから、
デロンギの電気モカ・マシンに変えたのと、
豆を変えたのが同じタイミング。

本当はデロンギ推奨のイタリアの別の会社の豆があって、
その豆の挽き加減は本当にマシンと相性ばっちりなんだけど、
買える店が少ないのと、ややお高めなのがネック。

エスプレッソ用よりはほんの少し粗挽きなので、
深煎りの豆をそういう風に挽いてもらったりもしたけど、
なにかが違う…。

で、あれこれ買って飲んで比較検討した結果、
ラヴァッツァがいちばん近い風味で、納得価格なのでした。

東京のスーパーでは、成城石井がいちばんお安く買える店。
が、しかーし、青森に成城石井はありません(笑)。
ネットで検索したら、カルディファームが同程度にお安い。

が、これも、高い交通費をかけて買いに行ったら元の木阿弥。
地方は、バスや電車の料金が高いのです…。

そこで、青森ではあまり売っていない他の食材と一緒に
ネットで買うようになりました。
店を歩き回って選ぶ楽しさはないけど、背に腹は代えられず。

東京からの送料のほうが、交通費よりも安いんだもの…。
最近は、県産品でもネットショッピングしちゃってるこのごろです。

ネットが普及してよかったとしみじみ思いつつ、
だから、地方暮らしもそんなに不便じゃないよ、と言いたい次第。

都会風味も取り入れながら、田舎暮らしを謳歌する。
いまどきの高感度な大人たちの憧れの暮らしなんじゃないかなぁ。
暖かいところだけが楽園じゃないですよ、とも言いたい東北人。



そんなこんなで、今朝もおいしくラヴァッツァの豆で、
豆乳オレを飲ませていただいております。

そして、帰郷前から心の底にあったとある計画が、
ふつふつと沸き上がってきてます。
by aomoringo50 | 2012-08-29 08:31 | お気に入り



津軽の夏は、自分の短い命を知っているだけに、
最後の最後で、猛烈にがんばっちゃってます。

忘れないでね、忘れないでね。
夏って、こんなに暑いものなんだよ。忘れないでね。

蝉が必死で鳴くのと同じかもしれません。

また、来年も、必ず夏は来るんだから。
忘れないでね、忘れないでね。



毎年恒例、オフコースのあの歌が頭をぐるぐる。

♬ 夏は冬に憧れて、冬は夏に帰りたい ♪

人間のそんな勝手な思いを知っているかのように、
暑さを記憶に焼きつけているんです、きっと。



そして、夏をもう少し楽しみたいわたしは、
明日、念願のビア・パーティに参加♪ やっほ☆

ああ、海にも行きたいなぁ。山にも行きたいなぁ。
できれば、湖にも行きたいなぁ。
by aomoringo50 | 2012-08-28 06:38 | 青森の四季



帰郷して16カ月。地元にぼちぼち知り合いも増え、
関係が深まってみると、東京よりも濃くて重い人間関係が…(笑)。

そういうところから、ようやく卒業したつもりだったけど、
やっぱり、どこにいても、何をしても、同じ問題はあるのですね。

在京中みたいにビジネスライクに…とも思うけど、
やっぱり、この地の風土には合わないのかなぁと実感してます。

仕事、チーム構成、個人の才能の生かし方など、
この地ではまだ全然できておらず、適材適所が叶いません。

各自の得意なところを生かし、苦手な部分は任せる…ということすら、
分業化ができていません。

なんとなく、できちゃうから、適当に、やっちゃう。
これは、完成度が低く、結果が出せない最悪のパターンです。

自信を持ってできることを、みんなが分業するのが正解です。
各分野のプロが集えばいいのです。

あの人だけ手柄を持っていってズルいなぁ、とか、
あの人だけ表舞台に立ってずるいなぁ、とか、
メンバーがそう思うチームはよくないと思うのです。

やっぱりね、お互いの大変さをちゃんと実感しないと!

表に出る人は、見えてるところで、自分の頑張りをアピールできます。
が、裏方はできません。
どんなにがんばっても裏の人で、恩恵に浴する事はありません。

そこを、表の人、裏の人で、理解し合えないと最悪です。

やっぱりね、配慮が必要です。評価が必要です。
だって、おかしいでしょ、チームなのに。
裏でせっせと働いて、いいものつくっても、誰にも認められないって。

相手の立場、功績を認められない関係は、継続がむずかしいかも。

わたしもいま、いくつかの不安要素を抱えています。
気づかない、配慮できないって、どうなんだろうなぁ…と。
by aomoringo50 | 2012-08-27 17:49 | ごあいさつ




ネタ、ためておきまーす♪

近いうちにまたぁーーー。
by aomoringo50 | 2012-08-06 18:49 | ごあいさつ




生活が安定するまで、しばらくブログ閉鎖します〜



ではでは、数名の皆さま、
わたしがちゃんと暮らせるようになる日を応援してね〜。
by aomoringo50 | 2012-08-05 19:07 | 考えたこと




自家用の保存食づくりは、ただただ楽しいばかり。

自分用は、できるだけシンプルなほうが使い勝手がいいので、
丸ごと干したシシリアンルージュのオリーブオイル漬け、
何も加えない完熟トマトだけのピュレ、などなどをつくっています。

そもそも、使っている野菜が新鮮でおいしいから、
旬の味わいをそのまま閉じ込めるだけでOK。

もちろん、天日やオーブンや鍋や
低速ジューサーやハンドミキサーの使い分けを工夫して、
よりおいしく、色合いも美しく保存できるよう考えています。

自分で保存食をつくると、
大量のトマトからでも、たったこれだけしかつくれないのかぁ、
と気づかされて、大事に食べるようになります。

市販されている輸入品の破格値が信じられないくらい、
材料も手間も時間もかかる作業です。

体験して、実感することがいちばん。
凝縮された自然の旨味を知ることはとっても大切。

素材の味がわかる味覚を失いたくないですね。